キャバ嬢も厳しい時代になりました。


by qjqltf73ic

チリ巨大地震 津波の高さ 測定方法は?(産経新聞)

 今回の地震で沿岸住民が注目した津波の高さ。どのように測定しているのか。

 気象庁によると、海面の高さを観測するために古くから用いられているのは、海岸に設置された「検潮所」と呼ばれる施設だ。海水を導いた井戸の上からワイヤで浮きを垂らし、浮きの上下動で海面の高さを測る。

 このほか、超音波を海面に向けて発射し、海面から超音波が反射して戻ってくる時間を利用して海面の高さを測る「津波観測計」と、衛星利用測位システム(GPS)衛星で沖に浮かべたブイの上下動を計測する「GPS波浪計」がある。3種合わせて171カ所の観測結果が津波情報として発表される。

 さらに、検潮所や津波観測計では測れないほど海面が高くなる大津波が発生した場合に備え、それぞれの施設には、水圧で海面の高さを測ることができる水圧センサーを備えた「巨大津波観測計」が併設されている。

 ただ、海は通常でも潮の満ち引きで海面の高さが上下している。潮の満ち引きの影響による海面の高さを差し引き、それより上回った分が「津波の高さ」になる。

145センチの津波観測=大槌町の潮位計で−岩手(時事通信)
昆布・カキ・ノリ、津波で養殖施設に深刻被害(読売新聞)
海上保安官を懲戒免職=給食費など280万円着服−鹿児島(時事通信)
「首相を信じる」=普天間県内移設に反対強調−福島消費者相(時事通信)
人材派遣協理事長・副理事長の会社に改善命令(読売新聞)
[PR]
by qjqltf73ic | 2010-03-08 08:56