キャバ嬢も厳しい時代になりました。


by qjqltf73ic

<   2010年 02月 ( 26 )   > この月の画像一覧

 北海道羅臼町の羅臼漁協所属の漁船2隻がロシア国境警備隊のヘリコプターから銃撃された事件で、第1管区海上保安本部は10日、2隻が漁船の位置情報を示す衛星通信漁船管理システム(VMS)を故意に切っていた疑いが強まったとして、道海面漁業調整規則違反の疑いで、船長の自宅などの家宅捜索を始めた。容疑が固まり次第、船長2人を逮捕する。

 2隻は第58孝丸(19トン)と第63清美丸(同)。これまでの調べによると、安全操業の許可証は、出港から入港までの間にVMSの位置情報通信機の常時作動を義務付けているが、2隻からのVMSの送信は1月29日の銃撃前、約4時間半にわたって途絶えていた。

 1管は船長が安全操業で定められた水域を越えて操業していたことを隠すため、意図的にVMSを切っていた可能性があるとみている。【本間浩昭、坂井友子】

【関連ニュース】
漁船銃撃:船長2人10日逮捕 位置情報の通信切断の疑い
露ヘリ銃撃:北海道の漁船を強制捜査へ 区域外操業の疑い
漁船銃撃:漁船が立ち入り禁止区域入り…ロシア側が反論
漁船銃撃:衛星位置情報が途絶 2隻、故意に切断の疑い
漁船銃撃:被弾の2隻、弾痕を隠す 事実を隠ぺいか

「迷惑かけている」首相が後援会にメッセージ(読売新聞)
首相「秘書逮捕、小沢氏に当然責任ある」(読売新聞)
埼玉不審死 大出さんの携帯不明 木嶋容疑者、証拠隠滅?(産経新聞)
ゆかり氏、さつき氏擁立で自民内紛か…参院選比例(スポーツ報知)
<朝日新聞>大分、佐賀県で夕刊廃止 3月末で(毎日新聞)
[PR]
by qjqltf73ic | 2010-02-16 11:24
 都は10日、町田市の1地点で8日に今年初のスギ花粉の飛散を観測したと発表した。平年より6日早く、昨年より3日遅い飛散開始だという。

 飛散開始日は、1つの観測点で1平方センチ当たり1個以上のスギ花粉が2日以上続いて確認された最初の日を指す。

 都は今年のスギ・ヒノキ花粉飛散量を、昨年の3割、過去10年の平均の3〜4割と予測している。

<宇高航路>3月廃止 100年の歴史に幕(毎日新聞)
<アホウドリ>ヒナ15羽、鳥島から移送(毎日新聞)
<オリックス・小瀬選手>宮古島のホテルで転落死(毎日新聞)
休校や学級閉鎖、2週連続で減少=一部で季節性も、新型インフル−厚労省(時事通信)
弟・邦夫氏が証言 首相「子分を養うためにお金が要る」 母親からの資金提供問題で(産経新聞)
[PR]
by qjqltf73ic | 2010-02-15 10:43
 ハイチの復興支援で陸上自衛隊が使う重機を運搬する、ウクライナの大型輸送機「アントノフ」が9日夜、成田空港を出発した。防衛省によると、同省がアントノフをチャーターするのは初めて。

 アントノフは同日午前、成田に到着。派遣部隊は地震被災者の仮設住宅建設のための整地やがれき撤去などにあたる予定で、機首部分を開け、約2時間半かけてブルドーザーや大型トラック、ダンプなど約100トン分を積み込んだ。【樋岡徹也】

【関連ニュース】
ハイチ大地震:陸自隊員34人が首都に到着 PKO1次隊
ハイチ大地震:死者20万人超す 倒壊家屋にまだ多数
ハイチ大地震:国際医療チームが成田空港に帰国
鳩山首相:幸夫人、賞品の宝石類を寄付
ハイチ大地震:助け合う市民 ボランティアの動き広がる

「朝青龍引退に異議あり」 三木谷、ホリエモン、杏野はるな…(J-CASTニュース)
陸山会土地購入 小沢氏意向で預金担保 6年に開始 「原資」隠す意図か(産経新聞)
国交省でも独自に調査=トヨタのリコール問題(時事通信)
男性被告が首つり自殺=山口刑務所(時事通信)
亀井金融相、外国人選挙権・夫婦別姓に反対(読売新聞)
[PR]
by qjqltf73ic | 2010-02-13 16:28
 平野博文官房長官は12日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先として、社民、国民新両党が米自治領北マリアナ連邦テニアンを挙げ始めたことについて、「突然降って出てきてそれが検討案だと言われても、何を検討して『これがいい』と言っているのか分かりかねる」と慎重な姿勢を示した。

 北沢俊美防衛相も同日、「5月中に解決するという首相の強い意向がある中で、テニアンを含め新しい問題が出てくるのはなかなか難しい」と述べ、テニアンの位置に関しても、米軍の抑止力が維持できなくなるとして、慎重論を唱えた。【横田愛、仙石恭】

【関連ニュース】
平野官房長官:外交機密費上納 官邸の調査不能
平野官房長官:外交機密費上納、官邸の調査不能
平野官房長官:小沢氏不起訴「良かった」
平野官房長官:個所付け事前通知で陳謝
公共工事個所付け:民主が通知後回し 社民・国民新が抗議

民主・小泉議員が12分間も「小泉改革」批判 持ち時間なくなる(産経新聞)
バレンタインに“コテコテのなにわスイーツ”はいかが?(産経新聞)
朝青龍、示談書を警視庁に提出(読売新聞)
民主・小泉議員が12分間も「小泉改革」批判 持ち時間なくなる(産経新聞)
愛媛県高野連 甲子園の定宿「尼宝館」を表彰 昨秋閉館(毎日新聞)
[PR]
by qjqltf73ic | 2010-02-12 14:30
 自民党の谷垣総裁は8日夜、小沢民主党幹事長の続投について、「『(秘書の行為を)知らなかった』で許されるものではない。政治不信は払拭(ふっしょく)されておらず、これでケリがついたとは思えない」と述べ、国会で小沢氏の政治的、道義的責任を引き続き追及していく考えを示した。

 党本部で記者団に語った。

<陸山会事件>石川被告ら3人の保釈認める 東京地裁(毎日新聞)
借金のカタにソープ紹介 職業安定法違反容疑などで男5人逮捕(産経新聞)
<普天間移設>検討委、10、11両日グアム米軍基地視察(毎日新聞)
「沖縄県民の命も大事に」=「命こそ宝」の色紙渡され−鳩山首相(時事通信)
<公務員法改正案>首相要求で幹部異動 次官降格も容易に(毎日新聞)
[PR]
by qjqltf73ic | 2010-02-11 10:39
 相原 真理子さん(あいはら・まりこ、本名眞理子=翻訳家)1月29日、心不全のため自宅で死去、62歳。東京都出身。葬儀は近親者で済ませた。喪主は夫の桂一郎(けいいちろう)氏。
 パトリシア・コーンウェル「検屍官」シリーズなどの翻訳を手掛けた。 

首相動静(2月7日)(時事通信)
木嶋被告「レンタカーで来て」と被害者にメール(読売新聞)
<石川知裕議員>辞職勧告、結論出ず 衆院議運(毎日新聞)
<衆院予算委>公共事業の実施場所資料、国交相が提出拒否(毎日新聞)
<日医会長選>京都府医師会の森洋一会長が立候補(毎日新聞)
[PR]
by qjqltf73ic | 2010-02-10 10:20
 テレビでおなじみ「12人大家族」の自宅が全焼も、全員無事!! 1日午後8時すぎ、熊本県宇土市の新聞配達員・岸英治さん(55)方から出火、木造2階建て住宅約100平方メートルが全焼した。出火当時、妻・信子さん(54)と7人の子供が自宅にいたが、全員が逃げて無事だった。岸さんには8〜25歳までの7男3女がおり、12人の大家族。夫妻が子育てに奮闘する様子がテレビや新聞などに度々、紹介されている。

 妻・信子さんによると、1日午後8時すぎ、信子さんと子供6人が居間で夕食中、仕事を終えて帰宅した次男(24)が台所でトンカツを揚げようとしたという。ところが、居間での話に夢中になり、火を付けたまま、ガスレンジから離れてしまった。異変に気付くことができたのは、急にブレーカーが落ち、家中の電気が消えたため。三男が確認すると、油から発火し、すでに燃え上がっていた。玄関が失火場所とは反対方向にあったことも幸いし、8人全員が火が広がる前に逃げて無事だった。夫・英治さんは新聞の集金に出て不在で、ほかの子供3人も外出中だった。

 木造で築70年の家をなくした岸家は、宇土市の紹介で近日中に市営住宅へ引っ越す予定だが、火災保険に加入していたため、建て直しが可能だという。「土地は残っているので、家を建て直すつもりです。次は火災に強い鉄筋? そうなると思います」と前向きに話した英治さんは、自宅が燃えた直後の2日早朝も仕事を休むことなく、火事の記事が掲載された新聞を配達した。

 信子さんは「アルバムや本など全部燃えてしまったけど、一番大切な家族がみんな残った。思い出ならこれから作ればいい。私たちは、すこぶる元気です」と7男3女を生み育てた母らしく、気丈に語った。燃え上がる家を見て号泣した子供たちも、食べ物や衣類を届けてくれた友人の優しさに触れ、うれし涙を流した。「11人目? それはコウノトリさんにお任せしますよ」と信子さん。大家族のストーリーはまだまだ続きそうだ。

 ◆熊本の7男3女 ○…英治さんと信子さんは、熊本市内の教会で知り合い、1983年に結婚。翌84年に長男が誕生し、01年までに7男3女を授かる。英治さんは99年に勤めていた会社が倒産した後、朝は新聞配達、昼間は市長の運転手、夜は魚屋のアルバイトなどで一家を支えた。現在は、子供のうち4人が社会人となり、家計を助ける。

 子供が7、8人になったころから、夫妻の子育てがテレビ番組や新聞などで取り上げられ「話題の人」となった。専業主婦の信子さんは、主に九州地区で講演活動を行うほか、地元・熊本県民テレビのホームページでコラム「信子かあさんのきょうの絵日記」を担当している。

国内削減15%以上を提示=温暖化対策行程表を議論−政府チーム(時事通信)
<つくば風車>業者丸投げ 助役も賠償責任 東京高裁(毎日新聞)
郵政株の政府保有51%以上、国民新・社民党案(産経新聞)
公的役割を日本郵政に=金融新業務は原則自由−改革素案(時事通信)
<内服薬>バラバラ処方せん標準化へ 誤読の危険回避へ(毎日新聞)
[PR]
by qjqltf73ic | 2010-02-09 15:39
 今国会に提出が予定されている通信と放送の融合を促す「放送法等改正案」について、政府は、地上波のテレビ、ラジオ各社が希望する場合、電波を送信する設備(ハード)と番組制作(ソフト)に一体的な形で放送免許を付与する現行の申請手続きを認める方針を決めた。自民党政権時代の昨年8月、総務省の検討委員会がハードとソフトを分離して付与するよう答申し、放送界などから「行政が番組に直接介入しやすくなる」との批判が相次いだ。新政権は業界側の懸念に配慮し現行制度の存続を決めた。

 ハードとソフトを一体として無線局の免許(5年間)を与える現行の電波法では、国は免許を受ける放送事業者に関して、電波施設(ハード)の運用能力はチェックするが、番組内容は対象外。放送の自由に最大限配慮する形になっている。

 デジタル化で通信と放送の垣根が低くなることを受け、総務省の検討委員会は昨年、新規参入や番組の自由な流通を促すため、ハードの「免許」とソフトの「認定」を別々とする行政手続きの導入を求める答申をした。この分離手続きについて、放送界や識者は「放送業務への国の関与を強めかねない」との懸念を表明してきた。

 今回の放送法等改正案では、「通信と放送の融合を促すのには有効」として、答申通り二つの手続きに分離する制度自体は導入される。しかし、民主、社民の与党も国の関与の拡大を懸念していることから、政府は、ハード・ソフト一体での手続きを希望する地上波のテレビやラジオの放送事業者に対しては、現行と同じ手続きを認めることにした。【臺宏士】

愛知・春日井のJR中央線で人身事故、1人死亡(読売新聞)
<福岡県汚職>副知事室で100万円授受(毎日新聞)
センター試験 追試験始まる 972人対象に 31日まで(毎日新聞)
胸に刃物刺さった男性、心肺停止…川崎(読売新聞)
<書の甲子園>校名プラカード揮毫も真剣 岡山・明誠学院高(毎日新聞)
[PR]
by qjqltf73ic | 2010-02-08 22:08
 プロレス雑誌「週刊ゴング」(2007年3月休刊)などを扱った老舗出版社の日本スポーツ出版社(東京都中央区)が、東京地裁から破産手続き開始決定を受けたことが3日、分かった。帝国データバンクによると、債権者による破産申し立てが29日に認められた。負債総額は不明。プロレス人気の下火に出版不況が追い打ちをかけ、“スリー・カウント”となった。

 同社は1968年に設立され、プロレスやボクシングを扱う月刊誌「ゴング」を創刊。スポーツブームに乗り、サッカー専門誌「イレブン」や野球専門誌「ホームラン」なども相次いで出版し、帝国データによると、96年12月期は売上高約28億4800万円を計上していた。

 しかし、プロレスの人気低迷などから売上高も2004年12月期には約15億4百万円にまでダウン。携帯電話向けのコンテンツ配信などで05年12月期には売上げを19億7200万にまで回復させたが、関連会社の倒産や架空取引び表面化などで信用不安が発生。07年3月には事業停止に追い込まれていた。

【関連:プロレス人気下火へ】
ノア・小橋、引退危機 医師が宣告「回復の可能性0%」
「殺人医師」ウィリアムスさん死去 全日本プロレスで活躍
虎魂注入!巨人臨時コーチにタイガーマスク
ゼウス金谷が黒星デビュー プロレスから転向
6年で消滅「ハッスル」のドタバタ 堅実路線へ転換!?

【イチから分かる】内閣法制局長官 鳩山政権で役割変質か(産経新聞)
米人道支援に医療チーム派遣=「友愛ボート」実施へ−防衛省(時事通信)
<子ども手当>11年度から給食費に導入検討 首相が指示(毎日新聞)
郵便不正第4回公判 倉沢被告への質問詳報(産経新聞)
衆院予算委 公共事業の実施場所資料、国交相が提出拒否(毎日新聞)
[PR]
by qjqltf73ic | 2010-02-08 00:23
 3日午前8時30分頃、東京・羽田発女満別行きのJAL1183便の左エンジンから出火した、という119番があった。

 警視庁東京空港署によると、飛行機は羽田空港を離陸した直後、左エンジン部分から出火し、同空港に引き返して緊急着陸した。飛行機には乗員、乗客計127人が乗っていたが、けが人はいないという。

安倍元首相、小沢氏の不起訴方針に「だれもが驚いた」(産経新聞)
<世論フォーラム>企業献金禁止法案「今国会に」…細野氏(毎日新聞)
<初積雪>東京都心でうっすら 松本や前橋も(毎日新聞)
【土・日曜日に書く】論説委員・清湖口敏 白川静に学ぶ「人間学」(産経新聞)
豚舎火災、5000匹焼死=北海道(時事通信)
[PR]
by qjqltf73ic | 2010-02-07 03:44