キャバ嬢も厳しい時代になりました。


by qjqltf73ic
 日本歯科医師会の政治団体「日本歯科医師連盟」(日歯連)は19日の評議員会で、これまで年2回行ってきた自民党の国会議員への政治献金を昨年の政権交代以来、凍結していることを明らかにした。今後の対応は与野党の企業・団体献金の見直し論議の推移をみてから判断する方針だ。

<学力テスト>中学教諭が点数改ざん「成績悪くて…」 福島(毎日新聞)
さいたま市児相、警察の一時保護要請いったん断る 抑制的な権限行使(産経新聞)
民主が近付いてきた…法案賛成で公明代表言明(読売新聞)
小沢氏、普天間移設「党はとやかく言わない」(産経新聞)
基礎から臨床への「橋渡し研究」強化を―文科省作業部会(医療介護CBニュース)
[PR]
# by qjqltf73ic | 2010-03-20 16:05
 奈良・東大寺の修二会(しゅにえ)(お水取り)で12日夜、ひときわ大きい「籠(かご)たいまつ」が二月堂に登場した。長さ約8メートル、重さ約70キロのたいまつ11本が次々と夜空に浮かび上がった。

【日本の伝統音楽のルーツは東大寺】関西再度ストーリー

 午後7時半過ぎ、1本目のたいまつが点火され、童子(どうじ)が担いで(練行衆=れんぎょうしゅう)を先導し、二月堂への石段を上がった。童子が欄干から突き出して回すと、火の粉が舞い落ち、詰めかけた参拝客から歓声が上がった。

 30回目のベテラン童子、八木悟さん(67)は体力の衰えを感じ、引退を決意。「最後の籠たいまつや」と気合を入れて階段を上った。13日未明には、本尊に供える水を二月堂下の井戸からくみ上げる「水取り」がある。おたいまつは14日夜まで。開催中の平城遷都1300年祭は4月24日からメーン会場の平城宮跡(奈良市)でイベントが始まる。【花澤茂人】

【関連ニュース】
【写真付き記事】東大寺:春の夜焦がす「おたいまつ」 二月堂のお水取り
【東大寺を写真で】霧に包まれる東大寺大仏殿
【写真特集】東大寺も他の神社仏閣も 日本の世界遺産

<自民党>松田岩夫参院議員を除名 離党届は受け付けず(毎日新聞)
スカイマーク「言語道断」=操縦室の記念写真公開−前原国交相(時事通信)
救えなかった命…無念抱え 長崎屋火災から20年、元救助隊長が定年(産経新聞)
<NHK>福地会長、辞意を撤回(毎日新聞)
<桜>高知で開花 平年より13日早く(毎日新聞)
[PR]
# by qjqltf73ic | 2010-03-18 19:06
 日本弁護士連合会(日弁連)の次期会長に内定した宇都宮健児氏(63)は10日、事務局を束ねる事務総長に、弁護士で社民党党首の福島消費者相の夫、海渡(かいど)雄一氏(54)(第二東京弁護士会)を充てる方針を明らかにした。

 事務総長は日弁連の中でも、最高裁、法務省や政党との交渉窓口となる要のポスト。海渡氏は1981年に弁護士登録し、NPO法人「監獄人権センター」の事務局長を務め、原発設置や航空機事故を巡る訴訟を数多く手がけてきた。

厚生病院・社保病院、条件合えば売却―長妻厚労相(医療介護CBニュース)
<東文研>確認前に「お墨付き」 クモ発生の新潟市美術館に(毎日新聞)
<富士山>山小屋の環境型トイレ故障、汚水垂れ流し(毎日新聞)
<中越地震>被災児童の作文もとに歌…「ありがとう」CDに(毎日新聞)
グループホーム運営会社など捜索=7人死亡火災−道警(時事通信)
[PR]
# by qjqltf73ic | 2010-03-17 04:24
 国土交通省は9日、全国の空港の新設時や滑走路延長時などに試算された空港別の需要予測と、2008年度の実績値の一覧を公表した。需要予測の想定年度は空港によってばらばらで、08年度と単純比較はできないが、同年度実績が予測値を上回った空港は、資料が残っている75空港中、わずか8空港にとどまった。
 需要予測を上回ったのは、旭川(北海道)、庄内(山形)、羽田、名古屋、岡山、長崎、熊本、那覇の各空港。
 一方、残る67空港の中には、08年度の需要予測72万1000人に対し、実績が12万5000人にとどまる大館能代(秋田)など、予測と実績にかい離のあるケースもあった。 

【関連ニュース】
中央リニアのルート議論へ=交通政策審部会が初会合
リニア報告書の提出容認=ルート要望明記を評価
関空補給金は凍結=住宅機構、出資金を減額
農水系基金、350億円放置=埋蔵金「国庫返還すべし」

最大波、発表値の1.5倍 チリ大地震津波(河北新報)
傷害致死容疑、継母再逮捕=5歳児に暴行−兵庫県警(時事通信)
仏像窃盗、元住職に実刑=事業資金目的「動機は悪質」−奈良地裁支部(時事通信)
<新潟市美術館>国宝展示「認めぬ」 管理に問題…文化庁(毎日新聞)
自民・伊吹氏、「谷垣降ろし」発言に自制求める(産経新聞)
[PR]
# by qjqltf73ic | 2010-03-13 02:47
 建設業者の新分野進出を巡り、国土交通省の補助を受けて業者が取り組んだモデル事業の半数近くは赤字に陥っていることが、毎日新聞の調査で分かった。進出して数年で撤退したり撤退を検討している業者も15%に上る。公共事業削減が進む中、地方経済再生や雇用維持には建設業者の業種転換の必要性が指摘されているが、容易には進まない現実が浮き彫りになった。

 国交省は04年度、建設業者の新事業に対して年約300万円を補助する「建設業の新分野進出モデル事業」を本格的に始めた。調査は、06年度までに農水や環境・リサイクルなど9分野で補助を受けた136社のうち、廃業など連絡が付かない9社を除く127社を対象に実施、78社(61%)から回答を得た。

 新分野の収支は、収支を回答した73社74事業のうち、黒字が24事業(32%)だったのに対し、赤字が32事業(43%)で、収支均衡は18事業(24%)。損失幅は18社が「1000万円未満」、13社が「1000万円以上1億円未満」とした。

 既に撤退か、撤退を検討中が12社(15%)に上る。理由(複数回答)は8社が「販路を開拓できない」。4社は「資金調達が難しい」、2社は「人材育成が難しい」とした。一方、黒字の業者は理由について、19社が「販路開拓」を挙げ、5社は「資金調達」で、販路確保が大きなポイントとなっている。

 新分野進出の理由(同)は「新しい収益の柱に」が44社で最多、「雇用確保」が24社、「本業では利益がでない」が16社だった。

 現状については「本業が思わしくなく、金融機関から融資枠を設けてもらえない」(岐阜県の業者)との声があった。

 また「専業者が苦労している分野に建設業が参入してもうまくいかない。国の施策は大量倒産に備えての弁解ではないか」(富山県の業者)という批判の一方、「公共工事に頼りきりで経営感覚がまひしている業者が多い」(北九州市の業者)という指摘もあった。

群馬・伊勢崎で民家火災、家族4人が不明(読売新聞)
夫婦別姓導入に全力=法相ら(時事通信)
厚年基金・健保記録で年金回復へ=新たな基準案検討−厚労相直属委(時事通信)
北に不正輸出仲介、会社社長を書類送検 外為法違反容疑(産経新聞)
眞鍋かをりの元所属事務所社長に有罪判決 3億円脱税で東京地裁(産経新聞)
[PR]
# by qjqltf73ic | 2010-03-11 04:42